MENU
お知らせ内容をここに入力できます。 詳しくはこちら

NFTアートを始めるメリット・デメリット【経験者が解説】

  • URLをコピーしました!
悩むネコ
悩むネコ

NFTのメリット・デメリットを知りたいな。もし、注意すべきことがあったら教えてほしいな。

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • NFTアートを始めるメリット
  • NFTアートを始めるデメリット
  • NFTを始めるのはチャンスです、しかし詐欺には要注意

この記事を書いている僕は、NFTクリエイターとしての経験があります。
NFTを売買したり、ブログの執筆をしているので、信頼担保に繋がるかと。

目次

NFTアートを始めるメリットとは?

メリットは次の5つです。

  • その①:データが改ざんされない
  • その②:モノやデータに価値を見出だせる
  • その③:仮想通貨を使うのでボーダーレス
  • その④:様々なサイトやアプリ、プラットフォームで表示できる
  • その⑤:中間業者がいない

メリット①:データが改ざんされない

NFTはデータが改ざんされません。

その理由はブロックチェーンで管理されているからです。物理的なアート作品は簡単にコピー作品が作れてしまいますが、NFTはブロックチェーン上にデータが紐づけされているため不可能なのです。

ゆえに、売買における信頼性が高まり、NFTを安心して取引することができます。

メリット②:モノやデータに価値を見出だせる

NFTアートは、一言でいうと「データ」の取引です。
例えばですが、NFTによって今まで価値が認められなかったものに、価値がつけられるようになります。

  • イラストレーターが書く、高品質な画像データ
  • 作曲家が作る、高品質な音楽データ
  • プログラマーが作る、高品質なバーチャル世界

私の場合は、クリプトパンクスのような画像アートに手を出しましたが、あまり上手くいきませんでした。

しかしこれは、誰でも参入できることの証明になります。特に絵を描くことに自信のある人は、NFTに参入してみるのもアリだと思います。

メリット③:仮想通貨を使うのでボーダーレス

NFTはボーダーレスです。つまり国境が存在しません。

その理由は「ETH(イーサリアム)やSolana(ソラナ)」といった世界共通の暗号通貨を使うからです。

この暗号通貨は、円やドルと違って、世界中どこでも同じ価値を持ちます。つまり為替レートが存在しないのです。

今までは作品を海外に向けて販売することは困難でしたが、NFTによって敷居がいっきに下がりました。これからはクリエイター主体の時代です。

メリット④:様々なアプリやサイト、プラットフォームで表示できる

購入したNFTは様々なアプリやサイトで表示することができます。

購入したNFTを展示することができる「oncyber」というWebサイトも存在します。仮想空間上の、美術館のようなものです。

ツイッターではNFTをアイコンにすることができるようになりましたし、インスタでも今後実装予定です。これらからNFTにファッションブランド的な需要が生まれることになります。

メリット⑤:中間業者がいない

非常に重要なこととして、作品の取引に中間業者が存在しません。

中間業者がいないことにより、クリエイターの利益が増え、コレクターは出費が抑えられます。双方にとって仲介業者がいないことはメリットなのです。

とはいえ、NFTには完全に仲介業者がいないわけではなく、ブロックチェーンの仕組み上のお話です。

NFTアートを始めるデメリットは1つのみ

デメリットは取引するまでのハードルが高いことです。世界最大のマーケットOpenSeaを使いこなすだけでも非常に難しいです。

NFTを始めるのは、最低限のITリテラシーが必要

NFTを始めるには、最低限のITリテラシーがないとかなり大変です。というのも、暗号通貨の購入やメタマスクウォレットの作成などがあるから。

また、初めて聞くような単語もたくさん出てくると思うので、最初に乗り越えるべき壁が非常に大きいです。じゃあ、「初心者はNFTを始めることはできないのか?」という話ですが、その答えは「簡単に始められます」です。

私がNFTを始めたのが、NFTバブルの真っ最中で、かなり初期段階でした。なので、情報収集も英語がメインで解説している人もごく少数でした。

しかし最近は、初心者でも簡単に始められるような解説が出てきているので、安心して取引を開始することができると思います。

私は二週間かけてNFTを開始

NFTを1枚買うのに、1週間ほどかかりました。NFTを自分で作成して販売も含めれば、2週間以上はかかっています。

NFTを始めた初期は、基本的に海外からの情報ばかりで非常に試行錯誤しました。ウォレットの送金先を間違えて、資産を失ったこともあります。

しかし、繰り返しですが、最近は非常に丁寧に解説された記事が沢山あるので、誰でも簡単にNFTを初めることができます。人によっては一日もあればできてしまいますね。

NFTを始めるのはチャンスです、しかし詐欺には要注意

NFTを始める注意点は、『必ず自分で調べること』です。

人に頼ったりすると、騙されるきっかけになります。取引代行やNFTを無料であげますといった謳い文句は必ず疑いの目を持ってください。

「初心者からお金を盗もう」とする人たちが一定数存在するということは念頭に置いてください。

下記は手口の一例です。

  • マーケットの偽サイトを作り、資金を奪う
  • 偽ウォレットにログインさせ秘密鍵を奪い、資金を奪う
  • 無料でまたは破格の値段でNFTの出品代行をする

このあたりには、要注意です。
基本的に疑いの目は必ず持っておいてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次