MENU
お知らせ内容をここに入力できます。 詳しくはこちら

仮想通貨の投資をする前に知っておくべきこと【初心者向け】

  • URLをコピーしました!
悩むネコ
悩むネコ

仮想通貨を始めたいけど、失敗したら嫌だな…。仮想通貨に投資する前に知っておくべきことがあれば教えてほしい!

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • 仮想通貨投資する前に知っておくべき3つのこと
  • 初心者が最低限知っておきたい仮想通貨用語
  • 仮想通貨はいつが買い時なのか?
目次

仮想通貨を購入する前に知っておくべき3つのこと

次のとおり。

  • その①:暴落を恐れて、慌てて売らない
  • その②:時価総額の高い銘柄に投資
  • その③:投資は余剰資金で、まずは少額から積立投資

その①:暴落を恐れて、慌てて売らない※初心者は長期目線のホールドがおすすめ

投資をする上で、一番怖いのが「暴落」することによる損失ではないでしょうか?

仮想通貨は、株や債券と比べて価格の変動が激しい世界です。私自身、1日で投資した額の半分以下になってしまったという経験が何度もあります。

しかし暴落したからといって、慌てて売らないようにしましょう。

というのも暴落したとしても、長期目線で見れば価格が戻ってくる可能性が高いと言えるからです。

ここでビットコインのチャートを見てみましょう。何度も暴落を繰り返しながら、長期的には価格が上昇しているのがわかると思います。

初心者は急な下落に耐えられず、慌てて売ってしまうことが多いのが現状。多少の含み損が出ても持ち続けている方が後で得をすることが多いです。リスクをしっかりと押さえた上で、長期的な目線での投資を心がけましょう。

その②:時価総額の高い銘柄に投資

どの仮想通貨を購入すればいいの?と迷われる方もいるかもしれません。

結論から言うと、選ぶ銘柄はビットコインなどの時価総額の高い銘柄が無難です。

仮想通貨選びはとても重要です。聞いたこともない新興の仮想通貨の場合、将来的に10倍や100倍を狙えることもあります。一方で、10分の1や100分の1になる可能性も当然あります。最終的には誰も取引しておらず、売りに出しても買い手がつかない、といった状況もめずらしくありません。

ビットコインは、数ある仮想通貨の中でも時価総額が最も高額です。株であっても、時価総額が高い企業ほど値動きが安定していて、信頼も高い銘柄だと考えられていますよね。仮想通貨の中ではビットコインが最も古く、信頼と実績もあります。

ビットコイン以外の仮想通貨にも挑戦してみたいのであれば、イーサリアム(ETH)あたりを狙ってみても良いかも知れません。時価総額はビットコインに次ぐ第2位です。

ビットコインやイーサリアムについては、取り扱っている仮想通貨取引所も多いので売買しやすい点も魅力の一つです。最初に仮想通貨に投資するなら上記の銘柄をおすすめします。

その➂:投資は余剰資金で、まずは少額から積立投資

まず投資は余剰資金でやりましょう。

もし、生活に必要なお金までも投資に回してしまったら本末転倒ですよね。病気や事故で急にお金が必要になるときもあるかもしれません。

無理せずコツコツ続けても、大きなチャンスがあるので焦らなくても大丈夫です。

初心者はまず少額から積立投資をするのがおすすめ。試しに毎月1000円ずつ5銘柄に、2年間にわたって投資した場合の結果を載せます。月々無理のない投資でもハイリターンが狙えるということを知っていただければと思います。

「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「NEM(ネム)」「ライトコイン」の5銘柄に毎月1000円ずつ2年間投資していたらどうなるかを見ていきます。いずれも投資スタートは、2015年7月という前提です。

  • ビットコイン投資
    結果:約11万9323円(約4.97倍)
  • イーサリアム投資
    結果:約214万2355円(約89.26倍)
  • リップル投資
    結果:約86万2027円(約35.92倍)
  • NEM(ネム)投資
    結果:約827万6173円(約344.84倍)
  • ライトコイン投資
    結果:約23万3536円(約9.73倍)

このように、一獲千金を狙わなくても、仮想通貨は無理のない範囲でコツコツやることが成功への近道になります。

初心者が最低限知っておきたい仮想通貨用語

ウォレット

暗号資産(仮想通貨)のアドレスと秘密鍵を格納するソフトウェアのことです。暗号資産(仮想通貨)は電子データであるため、残高を記録する形で保有します。保有するために必要な専用の財布・口座を一般にウォレットといいます。

ビットコインを自分で管理したい場合には、まずビットコインに対応したウォレットを用意する必要があります。ただし、初心者の場合は、ウォレットではなく、取引所の口座に預けておくのが手軽でしょう。

ブロックチェーン

ブロックチェーン(block chain)とは、暗号資産(仮想通貨)の決済や送金の際の取引データを管理するために使われている技術です。暗号資産(仮想通貨)はもちろん、銀行の送金管理や不動産取引の管理など、幅広い分野への応用が期待されています。

ブロックチェーンはネットワーク上にのみ存在しており、これを様々なユーザーが共有しながら管理することで、管理者などの中央管理システムを不要とした運用が可能になっています。

ボラティリティ

ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率の大きさを示す指標のことです。価格が激しく上下する場合は「ボラティリティが大きい」と表現し、あまり変化しない場合は「ボラティリティが小さい」と表現します。暗号資産(仮想通貨)のみならず、現物株式やオプション取引、FXなどの金融商品でも用いられる金融用語の一つとなります。

仮想通貨はボラティリティが大きいと見なされており、その特徴を活用することで大きな利益が得られる可能性があるため、注目されるようになっています。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは日本語で「白書」を意味し、暗号資産(仮想通貨)においてはその暗号資産(仮想通貨)の企画や構想、そして技術的な内容を説明する公開文書となります。

取引したい仮想通貨がある場合、一度は目を通すようにしましょう。

仮想通貨はいつが買い時なのか?

「いつが買い時なの?」と聞かれても、正直なところ分からない、というのが答えになります。仮想通貨の価格予測は非常に難しいからです。

ただし『高値掴み』だけは避けたいところです。よくあるのが気になっていた銘柄が上昇し始め、あわてて買いたくなってしまうパターンです。仮想通貨が急騰しているときは買いたい気持ちを抑えて、様子を見た方がいいでしょう。

低リスクで仮想通貨を購入する方法

実は低リスクでビットコインが購入できるおすすめの方法が一つあります。

仮想通貨はいつが買い時かを知るのはかなり難しいので、積立投資を活用するのがおすすめです。積立投資には、購入価格を平均化できるメリットがあります。

まず注目してほしいのが、心理的な負担感が少ないところです。毎月自動的に積み立てられるので、価格の予測などをする必要は一切ありません。分析等も不要なので、購入のタイミングに頭を悩ませることもありません。銘柄を選んで、あとは毎月の購入額を設定するだけです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次